Ariel view of some bubbles

遠隔で副業!Airbnbのツールで「バブル」ホテルを営むメキシコ人夫妻

基礎データ

  • 「バブル」ホテル全11室
  • Airbnb掲載デビュー:2017年
  • 主なメリット: Airbnbはシンプルなので、遠隔のホテル経営も思いのまま
  • その他のメリット:Airbnbのスマートプライシング導入で稼働率が格段にアップ

 


 

”バブル”ホテル「Campera」は2017年オープン。メキシコで建築デザイン会社を営むIgnacioさんとAlejandraさん夫妻が、自宅の裏庭でサイドビジネスを思い立ったところから生まれた新名所です。裏庭といっても、一族の所有する庭はなんと60エーカー(約73,450坪!)もあって、しかも一帯は「メキシコのナパ」として名高いグアダルーペ渓谷。米サンディエゴからわずか90マイル(145km)の好立地です。折からのワインブームで人がどっと押し寄せるようになったものの、泊まるところがほとんどなくて旅行者が路頭に迷っているという話を聞き、よーし、ちょっと面白いものつくってその隙間を埋めてやろうじゃないの、と、あり余る土地を睨みながら夫婦で決意したのが事の発端でした。

こうしてできあがったのが、全透明、完全球体、空調完備の3つの家です。それぞれにダブルベッドとバスルームを置けるスペースを確保し、家のブドウ畑が見晴らせる辺りに等間隔で並べ、グランピングビジネス開始と相成りました。ただ、問題は集客です。いざお客様を集める段になって「全然ノウハウがない」(Alejandraさん)ことに気づき、夫妻は途方に暮れてしまいました。

「ほかのプラットフォームでホテル経営なんて想像もできないです」

Alejandraさん、バブルホテル「Campera」オーナー

ここはプロにお願いしようということになり、メキシコとフランスで5つ星ホテルのSNS戦略を担当しているコンサルタントを雇って、バブルの写真をSNSで拡散する仕事を依頼したところでAirbnbをぜひにとすすめられました。言われるままにAirbnbを選び、以来ずっとAirbnbひと筋です。後悔したことは一度もありません。

3軒からはじまった「Camperaのバブルスイートルームも現在は11軒。予約の受付と管理はすべてAirbnbで行っています。Airbnbなら世界を相手にできますし、操作がシンプルなことも副業として取り組むふたりにとっては魅力です。「ほかのプラットフォームでホテル経営なんて想像もできないです」とAlejandraさんは言います。「本当にシンプルなので、これに慣れてしまうと後戻りできません。人生そのものをシンプルにしてくれるんですね」

バブルホテル「Campera」オーナーのAlejandraさん夫妻

サイドビジネスはただでさえ大変です。ましてやAlejandraさんとIgnacioさんは145km離れた海の町エンセナダで本業をこなしながらのCampera経営ですから、普通では考えられないことなのではないでしょうか。でもAirbnbは予約から送金、客室ブロック、キャンセル処理まで全部プラットフォーム上で簡単に操作できるので、このサイバー空間を仕事場とすることで遠距離でも両立できています。さらに、必要な操作はすべてプラットフォームで直接こなせるので、外部の宿泊管理システム購入費用も節約できたといいます 「Airbnbほど優れたツールは出会ったことがないです。クライアントから要求すると、なんでもAirbnb側で処理してくれるんですから」とAlejandraさん。 

グランピングというとサファリテントの豪邸版のイメージですが、夫妻のバブルホテルはそこにフューチャリスティックな要素を採り入れたところが新しさです。バブルの中は虫も蚊もいない安らぎの空間です。ベッドに寝そべって、土地のワインを飲みながら、漆黒の田舎の夜空に瞬く「5億の星」を眺めることができます。Airbnbのページトップで美しい写真を見て、居ても立ってもいられなくなって旅に出た、というゲストも少なくありません。やはり多いのは、南カリフォルニアやメキシコ国内からロマンティックなひとときを求めて訪れる旅行者で、バレンタインデーや結婚ラッシュでは、バブルというバブルが満室になります。

Airbnbで値下げ推奨と表示されると、Alejandraさんは大体いつも従っており、結果は数字にも表れています。Airbnbのスマートプライシング機能も業績向上に役立ちました。値下げ推奨と表示されると、Alejandraさんは大体いつも従っており、結果は数字にも表れています。Camperaの業績は右肩上がりの成長軌道まっしぐら。「最初は春から初秋が混み合うシーズンで、冬場は冬眠状態でしたけど、今は秋冬もほぼみっしり満室ですね」と、Alejandraさんはうれしい悲鳴をあげています。

Airbnbは、レビューを読むと現場の様子が手に取るようにわかるので、遠距離で細かい調整も行えると夫妻は教えてくれました。これについてAlejandraさんはこう続けます。「スタッフに助言するのに利用してますね。『ところで、お湯が出ないって言ってる人がいたけど、大丈夫?』とか、『100%清潔とは呼べないと言われてるけど、どういうこと?』という感じでやんわり言えるので、レビューのおかげでだいぶ助かってます」

ホスティングをはじめて謙虚になったと、Alejandraさんはしみじみ言います。「人に喜んでもらうのは本当に大変なこと。それがよくわかりました」 ふとした閃きから生まれたサイドビジネスが成功したことに今は感謝の毎日だとも。「おかげ様で順調に伸びています。Airbnbがパートナーで本当によかった。このプラットフォームが生まれた時代に居合わせたことに感謝です。周りにもいつも声かけてますよ。『ホストやらない?楽しいよー。騙されたと思ってやってみて』って」

 


さらに詳しく知りたいですか?  Airbnbプロホスティングの詳細は、こちらをご覧ください

 

Airbnbのプロホスト最新情報をメールでキャッチ

登録する